« 末の松山…東北博物館 | トップページ | 松島の夕暮れ »

2012年8月24日 (金)

鹽竈神社

鹽竈神社
鹽竈神社
鹽竈神社
「末の松山」の松を、どうしても見つけられなかったけれど、

気を取り直して、鹽竈(しおがま)神社へ。

津波に襲われた時、多くの人が境内に逃れて、命拾いしたとか。


さすが、神社。
昔の人の知恵と先見の明には、感服です。


災害が起こった場合、
高台や地盤がしっかりしている場所にあり、必ず水が手に入る(井戸、湧水がある)神社に逃げるのは、先人の知恵。
さらに、他の建物がすべて崩壊しても、鳥居の場所から、方角が分かります。(^-^)b


この地区の被害は大きかったそうですが、今は道路も新しくなり、一見では、分からないぐらい復興していました。


芭蕉は訪れたのに、ここでは詠んでいなかった…はず?
文治神燈(父の遺言を守り、最期まで義経を守った藤原忠衡が寄進したと言われる)は今もあり、芭蕉と同じ景色を自分が見ていると思うと、

感動!


足がガクガクしているのは…202段の表参道を上ったからだけではないはず…f(^_^;

|

« 末の松山…東北博物館 | トップページ | 松島の夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194275/46805230

この記事へのトラックバック一覧です: 鹽竈神社:

« 末の松山…東北博物館 | トップページ | 松島の夕暮れ »