« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月24日 (土)

配慮

誰かにいつも気兼ねしていては、何もできないけれど、知らず知らずのうちに誰かを傷つけてしまうことがある。

本人に自覚があるならともかく、自覚ない場合が厄介だ。

故意でやられたのでなければ、余計に傷つくことがある。

自分は相手にとって、その程度だったのかと、

自分の持つ相手に対する評価・自分にとっての相手の存在価値は大きいのに、

相手にとって、自分はそんなに評価されておらず、相手にとって大した存在でないということが

故意でない分、遠慮なしに、その現実で切りつけられる。

そういうのには、とっさに反論できないし、

構えていない分、深手を負う。

痛い。

そして、
自分も、知らず知らずのうちにそういうことをしてきたのだ、と

いう罪深い現実。

| | コメント (1)

2011年12月23日 (金)

辛い。
苦しい。
寂しい。

どう言葉を尽くしても、涙以外出てこない時があるものなんですね。

ちょっとのぼせ上がっていました。

「心を貧しくしていなさい。心を固く閉ざしていなさい。」

そんな単純明快な原則を忘れていた自分×××

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2012年1月 »