« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

春のきざし  ②

今日は、sharonを病院へ連れていきました。

昨年、肺炎になって以来、気管支が弱くなってしまい(もともと弱かったのが、肺炎をきっかけに、病状がはっきりした、ともいえるのですが)

定期的に連れていかなくてはなりません。

最近、体育の時間に、続けて走ったりすると、咳が止まらなくなるから、休みたい、などとヌカしていたので、

気合いがたりんのじゃ~!!!

とカツをいれていたのですが。。。

     

花粉症がひきがねとなって、気管支と肺の機能がかなり落ちていることが判明。

喘息の発作がでる前に、予防のための飲み薬に加え、

運動の前に吸入する薬が処方され。

母の言葉は、オニのような言葉であったことが判明。

ほほほ。

だって、小さいときは、喘息なんて言われたことなかったんですもの。。。

ほほほ。

いつまでも、ハナタレ小僧だなぁ~なんて思っていたのが、花粉症だったなんて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうすぐ、春ですね。

| | コメント (4)

2007年2月27日 (火)

春のきざし

春のきざし

昨日は、あんな自分勝手な重い記事に、温かいコメントをいただきまして、感謝感激しています。
皆さん、ホントにありがとうございましたm(__)m
自分勝手な記事で申し訳なかったですが、おかげ様で、少し気分が楽になりました(^-^)v
ブログ始めて、良かったなぁ〜と、つくづく実感しています。
ホントにありがとうございました(^o^)/

昨日は、dragonが散髪に行ってきました。
柴犬みたいで、なでなでしたくなります(^-^ゞ
もうすぐ春だなぁ〜なんて、dragonの頭を見て、思いました。

dragonと一緒に筋トレして、身も心も、もっとタフにならなくちゃ!と決心しました。
あ、体は、シェイプアップしなくちゃ…です。(これ以上、太くなったら…恐怖!)

| | コメント (6)

2007年2月26日 (月)

レース

お久しぶりです。

皆さん、お元気でしたか?

私は・・・

元気ではありませんでした。

次から次へと、いろんなことが、押し寄せてきて、

焦ったり、落ち込んだり、傷ついたり、腹を立てたり・・・

していたら、

身体のほうがダウンしてしまいました。

人間、自己処理能力の限界までくると、もう、心がボロボロなのを通り越して、

身体で、ストップかけるみたいですね。

原因不明の発熱、悪寒、頭痛、落ち込み、不眠・・・

昔、私、長渕 剛が大好きだったんですけど、(元)旦那が、キライだったので、聴くことを許されず、捨てられたCDの中の曲が、ふと、思い出されて、エンドレスに流れていました。

長渕 剛が、今みたいにマッチョじゃなくて、やせぎすで、高い裏声を使った、「祈り」とか、

初めて世の中に送り出したときの「乾杯」とか、好きだったなぁ~

私も、長渕も、ずいぶん変わってしまったけれど。

     

  レース      詞・曲 長渕 剛

震えが止まらぬ 気の病いに犯された Everyday

焼けるような おんぼろな ストマック いらつくほどの耳なり

トランキライザー四錠 かじっても 眠れない夜を数え

天井へ落ちて行くよな 午前四時の俺

理由もないのに 涙が止まらず 強烈な怒りたち

注射針を動脈へおとす いたずら好きなDoctor!

やせこけた頬を 鏡にうつして 思わず笑っちまった

言いしれぬ 不安が 恐怖に 拍車をかけた

    

負けた  負けた、  自分に負けた

負けた  負けた、  今度ばかりは

     

     

なんで、悲しいことや、辛いことは、いっぺんにやってくるのだろう。

ギタギタに傷ついていても、どんなに苦しんでも、

残酷なくらい、日常はやって来て。

朝ご飯のしたく、洗濯、仕事・・・なにひとつ、変わることなく、朝が始まり。

夕飯の片付け、風呂、掃除、朝ご飯の準備・・・流れるように、コトが進み。

何をしていても、悲しかった。

涙が溢れて、止まらなかった。

忘れる努力をしていないと、うっかり気を抜こうものなら、

悲しみや怒りが心を占領してしまう。

悔しかった。たまらなかった。腹立たしかった。

相手を責めるように、自分を責めて、

声にならない、うめき声を 押し殺していた。

まだ、こんなにも、こんなにも、

許せない自分が 許せなかった。

| | コメント (12)

2007年2月21日 (水)

冬の月

月曜日の記事には、皆さんから温かいコメントをいただき、元気をとりもどした私です。

ありがとうございました。

昨日(火曜日)は、ココログのメンテナンス中とかで(また~!!!怒!!!)

更新できませんでしたが、私の具合が悪かった訳ではないので・・・

ご心配おかけしました(謝)

     

月曜日にそんなこんなで、早退したし、

火曜日は、昨日のことを引きずっていて、仕事が手につかなかった私。

今日(水曜日)こそは・・・と気合いを入れ直して、仕事しました。

予定よりも、早く終えて、帰宅。

充実した一日だったなぁ~と思っていると。

なんだか、dragonの様子が変です。

明らかに、怒っています。

夕飯になっても、まだ、ゴキゲンななめ。

私「何、怒っているの?」

dragon「そんなこともわからないのかよ!」

私「え???」

dragon「今日、授業参観に来てくれなかったじゃないか!!!」

私「えっ、今日だったっけ? ごめん、ごめん。」

dragon「ゴメンですんだら、警察いらん」

私「そんなに怒らないでよ~」

dragon「(プンプン)!!!」

・・・授業参観に行かなかったぐらいで、怒るdragonじゃないのに・・・

私「ホントにごめんね。 今度は必ず行くから。」

dragon「(無視)」

私「今日は、手をあげたのかな?(←必死)」

dragon「発表した」

私「うわ~すごい!!!何、発表したのかな?(←必死)」

dragon「来なかった母さんには、わからないコト」

私「・・・」

・・・いつもなら、こんなにしつこく怒ることないのですが、ホントに珍しく、怒っています・・・

夜、寝るときになっても、まだ怒っています。

私「おやすみ」

dragon「・・・」

私「ホントにごめんね。 これでも、お母さんは、精一杯やっているんだから、許してね。」

dragon「・・・」

・・・何が気に食わなかったのか、わかりませんが、とにかく、一緒に布団に入りました。

   

ふと、見上げると、窓の外にはキレイな三日月が。

dragonが幼稚園のころ作った句がふと思い出され。

    

ぼくのつめ きったみたいだ きょうのつき

   (月は、秋の季語です)

    

まあ、子供にだって、いろんなことがあって、当たり前か、なんて、開き直ったりして。

    

知らぬ間に 童謡でてきて 星祭り

  (星祭りも、秋の季語です。)

     

呑気に俳句などでてきたりして。

    

恋猫の 一団去って 月残る

    

・・・どうも、季節外れですみません・・・

| | コメント (14)

2007年2月19日 (月)

疲れた・・・

今日は、午後から、裁判所へ。

調停→裁判→調停

となっているわけですが。

なんか、いくらたっても、解決(離婚)できそうになくって。

今日も、調停委員のおばさんに、

「別に離婚しなくっても、今までのように別居していれば問題ないんじゃないの?」

なんて言われて、傷つきました。

そういう問題じゃないと思うんですけど。

「相手が納得しないんだから、かなり時間がかかるわね」

なんて、わかりきったコト言われて。

それに。

次の旦那と子供との面接交渉日が、

旦那が、自分が裁判所に呼ばれている日の前日だったことがわかり。

↑つまり、交通費を浮かそうとしているだけ。

子供の都合を考えた訳ではない

ことがわかり。

なんで、あんなヤツの言い分ばかり通って、こちらの言い分が通らないのか、腹が立って、腹が立って・・・

ウチに帰ると、何にも知らないdragonが、野球チームの六年生を送る会(会費徴収の紙)と、次期チームの会費の振り込み用紙をニコニコと渡してきて

sharonには、塾の年度末特別引き落としのお知らせを渡され

なんだか、割のあわない気分になった私です。

二人に罪はないんだけどね。。。

もちろん、かわいいし、手放すつもりなんて、ハナっからないけど。

だったら、親権ぐらいちょうだいよ、って感じです。

・・・今日は愚痴ってばかりでごめんなさい。

無理してコメントしていただかなくて結構ですから。

大丈夫です。

おやすみなさい☆

| | コメント (12)

2007年2月18日 (日)

お金持ち

この間は、貧しい国の人の話を書きましたが・・・

世界には、日本の一般常識では考えられないようなお金持ちもいるわけで。

昔々。私が若かった(独身だった)ころ。

ウチの近くにインド料理店がオープンしました。

当時、あまりインド料理は知られていなかったし、田舎なので、倦厭されていました。

そこは、インド人の奥さんが経営する、インド人がコックさんの小さなお店で。

とても安くておいしいので、私は、しょっちゅう行くようになりました。

まだ日本に来てから、あまり日にちがたっていなかったので、かたことの日本語しか話せない奥さんでしたが、びっくりするぐらいキレイなブリティシュ・イングリッシュを使うので、ただものではない感じがしていましたが、店がヒマだったので、よく話をしました。

そのうち、仲良くなって、在日のインド人の会を手伝ったりするようになり。

そんなある日。

彼女 「私のウチ、遊びにこない?」

私  「いいよ。いつ?」

彼女 「2週間後ぐらい」

私 「このお店で待ち合わせする?」

彼女 「NO。駅にバスをチャーターしたから、そこに来て」

私 「???何人来るの?」

彼女 「2~30人ぐらいかな」

私 「えっ!そんなにたくさんの人が、いっぺんに行って、大丈夫?」

彼女 「平気、平気。」

私 「で、ウチって、どこら辺にあるの?」

彼女 「インドにきまってるじゃないの」

私 「インドって、インド???」

彼女 「そうよ。里帰りするから、仲良くなった人達を招待したいの」

私 「だって、だって・・・(びっくり)」

彼女 「まさか、パスポート持ってないの?」

私 「(びっくり)そういうことじゃなくて・・・いや、まず、そんなすぐにお金用意できないよ」

彼女 「私が招待するんだから、いらないわよ」

私 「だって、2~30人もの人が行くんでしょ???」

彼女 「そうよ」

私 「飛行機代とか、宿泊代とか、どうするの???」

彼女 「いらないわよ。それに、泊まるところはウチだし」

私 「はぁ???そんなにたくさんの人が泊まれるの???」

彼女 「もちろん」

・・・・・

結局、そんなあやしい話はない、と家人に止められ、やめたのですが・・・

後に、彼女が本を出し、そこには、彼女のウチが写真で載っていたのですが・・・

宮殿!!!

でした。

インドのカースト制が廃止されたとはいえ、彼女は、正真正銘のお姫様だったのでした。

あ~あ~あの時、行っておけばよかった・・・

と思っても、あとのまつり。

今では、お店は他のインド人に譲り、彼女は・・・

スイスのジュネーブで、国際会議に出席したりしています。

・・・先にそれを教えてよぉ~~~

| | コメント (8)

2007年2月17日 (土)

記憶

今日は、久しぶりに用事のない、休みの日。

思いっきり、だらだらするぞ~!!!

っとはりきって、だらだらしました。

ああ、スッキリした♪

だらだらしながら、gyaoで「私の中の頭の消しゴム」を観ました。

主人公の女の子がイキイキしていて、キュートでかわいくって、よかったです。

相手役の男優さんもかっこよかったし。

韓国ドラマって、見たことなかったんですが、なかなか良かったです。

話は、主人公の女の子が、若年性アルツハイマーになって、どんどん記憶がなくなっていく、というもの。

一緒に見ていたsharonなんか、号泣していましたが。

私は、そういうことより、自分が心配になってきてしまいました。

私・・・

辛かった記憶をすぐ消してしまうんです・・・

たとえば、(元)旦那とのやりとりや、されたこと、言われたことなど、ほとんど覚えていません。

裁判や調停で、相手は、具体的に、なにがあって、こうだった、とか、ああ言った、とか反論してくるのですが・・・

言われてみれば、そういえば、そんなことがあったっけ・・・って感じなんです。

許した、というのとも、ちょっとニュアンスが違うのですが。

例えば、

今度、着て行かなくてはならないスーツをだしていたら、母がたまたま、それを見て、

母「そういえば、あの旦那ったら、このスーツ買う時についてきて、お金は払わずに、自分のポイントカードだして、あんたに支払わせたっけね。」

私「なに、それ?」

母「あんたが言っていたじゃないの。笑い話にもならない、って怒っていたじゃない。」

私「え~そんなヘンな話あったっけ?」

母「あんたが言っていたんだよ!」

私「ふ~ん。」

・・・たとえば、こんな感じ。まぁ、些細なことだから、どうでもいいんですけどね。

その、些細なことから忘れていく、っていう所が、主人公の女の子と一緒で、ぞ~っとしたわけです。

ちなみに、私の人生のなかで、私にとって、とても辛かった18歳ごろの記憶は、ごっそりありません・・・

同じように、辛かった3・・・あれ?4年?前ごろの記憶も、ごっそり抜けています。

その時、ちょうど引っ越ししたのですが、どうやって引っ越ししたのか、sharonとdragonの学校関係はどうしたのか、全然記憶にありません。

その頃、父と母が気遣って、気分転換にと、子供達と一緒に温泉や公園などに連れて行ってくれたのですが、それも記憶にありません。

この間も、ある温泉に行って、dragonが「久しぶりだね」と言うので、「初めて来たところじゃん」と答えたら、父と母がビックリして、「もう、3回以上は来たことあるぞ」って言うんです。

いやぁ~私、あの女優さんみたいに若くないし、かわいくないし・・・

単なる、まだらぼけ???

ひよこさん、どう思います???

| | コメント (8)

2007年2月16日 (金)

真夏のカレー

昨日は、こわ~いお話でしたが、今日は、ほのぼのとしたお話を。

以前、勤めていたパート先でのこと。

そこには、バイヤーを通じて、母国から出稼ぎにきたミャンマー人の女の人がいました。

旦那さんも同じミャンマー人とのこと。

集団就職したみたいですが、どうも、バイヤーに騙されているみたいで。

同じ仕事をしているのに、給料が私達の半分しかもらっていないとのこと。

その人は、かなり日本語が上手で、仕事上、私達となんの問題もなく、同じように働いていたのに。

雇い主が、バイヤーと組んで、最低時給を払っていないことがわかったので、市の相談所を教えてあげました。

そしたら、労働基準法に反する、ということで、ちゃんと給料を払ってもらえるようになりました。

彼女は、すごく喜んでくれて、お礼に、と、カレーを作ってきてくれました。

ところが。

私「ねぇ、このカレーは、このまま食べるの?」

彼女「チガウ。ごはんにかけてたべる、ネ。ニホンとおなじヨ」

私「じゃあ、ウチに帰って、みんなで食べるね。ありがとう。」

彼女「チガウ!!!今、たべる。わたしと。」

私「?だって、ごはんないじゃん。」

彼女「コンビニいく。ネ」

私「いいよ。じゃあ、昼休みに一緒に食べようか?」

彼女「モチロン」

・・・真夏の炎天下の中、二人で歩いて近くのコンビニへ。

ところが、彼女、店に入ろうとしません。

彼女「オネェサン(私のこと)カッテクル、ごはん、ネ」

私「???私にごちそうしてくれるんじゃなかったの?」

彼女「ワタシ、カレー、おごる。オネェサン、ごはん、おごる」

私「???」

・・・とりあえず、私はコンビニに入り、パックのごはんを買って、レンジを借りてチンしてもらい、外に出ました。

彼女「(うれしそうに)イマ、たべる。ネ」

私「え?ここで?」

彼女「スグ、たべる。ネ」

・・・カンカンに照りつける太陽の下で、ジベタリアンになって食べましたよ。

宗教上の理由からで、お肉は口にできない彼女。

スパイシーで、野菜がちょびっと入った、辛くてうすいカレーを、コンビニでスプーンをもらってきて、食べました。

おいしかった・・・というより、とにかく、暑かった!!!

彼女「オイシイ?」

私「うん。おいしいよ。ありがとう。」

・・・彼女が、お米も買えないぐらいお金に困っていたのを知ったのは、私がそこを辞めた時。

母国に送金するために、朝も昼も、夜の仕事までして、それでも、食べることに事欠くぐらいだった彼女は、私に精一杯のお礼をしてくれたのでした。

今でも、カレーを食べるたびに、コンビニの店先で地べたに座って食べたスパイシーなカレーを思い出します。

       

| | コメント (8)

2007年2月15日 (木)

日本語教員

そういえば、ひよこさんのブログで思い出しましたが、私、日本語教員の資格をもっています。

ただし、ボランティアでしか、教えたことありませんが。

外国人が習う日本語文法と、日本人が習う国文法は、全く別物と考えていいと思います。

なので、日本人だから、すぐに外国人に日本語を教えられるか、というと、答えは、NOです。

だから、英語のネイティブだからと言って、外国人がみんな英語を教えてくれると思ったら、大間違いです。

なんか、このごろ、そういうことをわかっていない人が多くて、外国人講師だから・・・といって、法外な値段を払って、英会話教室に通っている人が目につきます。

逆に、日本人でも、中国人でも、英語を教える、ということを勉強したことのある人につけば、英語は身に付きます。

まぁ、私のことは、聞かないでくださいね。。。

ところで

国際的になってきたせい?か、国際結婚が増えているようですが。

たまたま、相手が外国人だった、っていうのなら話はわかるのですが。

初めから、外国人(国際結婚)ねらい、っていうのは、間違っていると思うんですが。

それも、青い目をした、金髪の、英語圏の人種をさして言っている人が多いようですが。

???

実は、日本語教員の仕事は、ほとんどが、出稼ぎにきた、発展途上国といわれる人達に、最低限の日本語を教えることです。

英語を話せる人は、ごくわずかです。

日本人(若い女性)が、素敵な金髪・ブルーアイの青年に英語を教えて、恋が実って、海外生活(アメリカとか、オーストラリアとか)を送る・・・なんていうのは、夢物語です。

出稼ぎにきた外国人は、お金をあまりもっていませんし、肌の色も、イエローから、ブラックまでが多く、モラルも低いことが多いので、関わると、危険も伴います。

もちろん、そんな人ばかりではありませんが。

私が大学生のころ、日本語教室の手伝いを教授に頼まれて、したことがありました。

ですから、相手は、素性のしっかりした留学生ばかり。

のはずですが。

香港に住む、ある中国人の留学生が、私のことをいたく気にいってくださって。

その時、すでに旦那と付き合っていた私は、ハッキリとお断りしたのですが。

もちろん、私もバカではないので、本名は使っていなかったし、住所も電話番号もシークレットにしていたのですが。

帰り道をつけてきたのか、どうしたのか。

毎日、熱烈なラブコール。

断っても、断っても、しつこくラブコール。

しまいには、恨み言を言うようになってきて。

そのころ、私は、親戚のウチで下宿していたので、一人暮らしではなかったのですが。

ある日、家に帰ると、私の使っていた部屋だけ、荒らされていました。

それは、それは、想像を絶するような荒らされ方で。

物は壊され、服はひきちぎられ、こたつやふとんまで、ナイフで切り刻まれており。

鏡台は、私の口紅で、真っ赤に塗りたくられており。

そのくせ、お金は一銭もとられておらず。

親戚の人の使っている部屋や、台所、居間、とにかく、私の部屋以外は何も荒らされておらず。

ぞっとしました。

もちろん、警察に届けましたが、金銭は一切取られていなかったので、「愛憎関係でしょうね」としか言われず。

怖かったです。

もちろん、その彼がやった、とは言えないのですが。

彼は、その後、日本語教室に顔を出さなくなり、人に聞いたところによると、帰国したとかで。

私も、親戚の人に止められて、その教室には行かなくなったので、真相はわかりませんが。

そういうことも、あるわけです。

華やかな面ばかり取り上げられている日本語教員や国際結婚ですが、価値観や文化の違いからおこるトラブルには、気をつけましょう!!!

もちろん、ひよこさんの旦那さんや、いい人達もいっぱいいます!!!

明日は、そういう人達のことを書こうかな?

・・・では、おやすみなさい☆

| | コメント (10)

2007年2月14日 (水)

最近の若いモン

今日はバレンタインデー(ハート)

私には関係ありません・・・と思っていたら、女の子や人からチョコをもらいました。

???

ウチに帰って、sharonに尋ねると、「友チョコだよ」とのこと。

今は、義理チョコはもちろん、友チョコがはやっているのだとか。

そういえば、日曜日にsharonが友達を呼んで、一日中、チョコクッキーを焼いていたっけ。

あま~いニオイが一日中していて、気持ち悪くなったのに、

私やdragonには、失敗した黒こげのクッキーしかくれませんでした。

あんなに台所占領して、一日中焼いていたのに、私達には、くれないの???

と思っていたら、本命の他の友チョコが沢山いたみたいで。

sharonに、何人に配ったの?

と尋ねたら、20人、と返ってきました。

はぁ???

あの子にあげて、この子にあげないわけにいかないし・・・

と義理堅く配っていたら、そういうことになったみたいです。

なるほど。

一日中かかるわけだ。

でも、来年は、やっぱりチョコクッキーじゃなくて、チョコをあげたい、とか。

sharonがもらってきたチョコを見せてもらうと、みんな、なかなかの出来映え。

包装も、凝ったのもあれば、シンプルなのもあり。

味も、さまざま。

けっこう楽しめました。

dragonですか?

へへへ、dragonは、もてるんですよ。

幼稚園のころから、必ず誰かにもらっていました。

今日は、インフルエンザで休んでいたので、どうかな~と思っていたのですが。

ちゃんと、女の子達がウチまで届けてくれました(ハート)

宿題のプリントと一緒に。。。

| | コメント (6)

2007年2月13日 (火)

ダウン(ToT)

ダウン(ToT)

dragonが風邪をひきました。インフルエンザだそうです。
私の時は、聴診器も当てずに、『あ、ただの風邪、風邪』とあしらわれたのに、dragonを同じ医者に診せたら、即インフルエンザの検査にまわされ、その場でインフルエンザB型確定。そして隔離。
絶対、私もインフルエンザだったと思うんだけど、違う、ってお医者さんが言い張るんだよね…3日間も高熱が続いて、一週間もしんどかったんですけど(怒)
家族みんな予防接種したんだけどなぁ〜。まぁ、予防接種してあるので、軽く済むらしいけど。
ヤンチャでも、オッチョコチョイでも、元気なdragonの方がいいな〜!
皆さん、風邪やインフルエンザには、くれぐれも気を付けてくださいね(^-^ゞ

| | コメント (8)

また(怒)

また、ココログの調子が悪いです(怒)PCから、管理画面に入ることができません。今、携帯から、投稿しています。コメントくださった皆さん、明日必ずお返事しますので、お許しくださいm(__)m
では、おやすみなさい(^-^ゞ

| | コメント (2)

2007年2月11日 (日)

うわさ話

今日は、dragonの入っている野球チームの当番で、朝から一日、グラウンドに立っていました。

良い天気で、良かったです。

でも、疲れました。

dragonは小学五年生。もうすぐ六年生になります。

勉強もそろそろ難しくなってきました。

中学受験する子達は、いよいよ本腰を入れてとりくんでいます。

が、

dragonは、月曜日から金曜日まではバスケットの部活

土曜日はスイミングスクール

日曜日は野球チームで一日中、野球

と全然勉強する気なし。

まぁ、勉強する子は、少しの暇をも無駄にせずに勉強するのでしょうが。

まぁ、それも、本人次第なので、かまわないのですが。

今日、他の子の母親軍団と一日付き合わされて・・・

なんで、人のウチの話をさぐってばかりいるの???

と腹が立って仕方ありませんでした。

だれだれさんは、どこを受験するつもりで、あそこの塾に行っている、とか。

なんとかさんは、兄弟で毎日家庭教師をつけている、とか。

ところで、dragonくんは、受験するの?

どんな勉強をさせているの?

どこの塾に行っているの?

お父さんは受験に協力的?

六年生になったら、何とか先生のクラスに入った方が受験に有利って、ホント?

三学期は、塾主体にして、学校は出席日数を満たす程度しか登校しないって、ホント?

dragonくんのお姉ちゃんは、中学でも、優秀なんですってね?

受験はしなかったの?

なんで、そんなに優秀なのに受験させなかったの?

なにか、特別な理由でもあるんじゃない?

?????????????????

うるさーーーーーーーーい!

あんたらに付き合ってる暇なんかないよ~だ!!!

そんなこと、全部、本人の意志ひとつでしょうが。

だれがどんな勉強をしようが、どこを受験しようが、その子が自分で勉強しなかったら、しないだけの話。

人のウチの話をさぐってばかりいないで、自分の話ができないのかっ!!!

・・・みなさん、暇なんですね。。。

| | コメント (4)

2007年2月10日 (土)

泣いてチンピラ

昨日(9日・金曜日)は、職場での飲み会がありました。

もちろん、夕方から夜にかけてです。

そうすると、sharonとdragonの夕飯と塾の送り迎えとお風呂が問題になるわけで。

今までも、それがネックで、ほとんどの歓送迎会、慰安旅行、忘・新年会を欠席してきたわけで。

でも、今回はちょっと断りきれなかったし、sharonもdragonもだいぶん大きくなって、手もかからなくなってきたので、行くことにしました。

ところが

当日の午後、職場に小学校から電話が。

dragonが頭を強く打ち、外科に連れていったので、その病院まで迎えに行ってほしい、とのこと。

早速早退して、病院へ。

レントゲンをとったそうですが、異常なく、本人はけろっとして待っていました。

ほっ。

その前日には、部活の最中に突き指をして、外科に連れていったし

先週は、図工の時間に彫刻刀で指を深くきり、手当してもらったし

「落ち着きがなさすぎです。ご家庭でも、注意してください。」

と担任の先生から叱られてしまいました。

で、飲み会をキャンセルしようか、と思っていたら、dragonもsharonも、大丈夫だから、行ってきていいよ、とのこと。

悩んだ末、実家の母に二人のことを頼んで、行くことに。

ものすごく久しぶり(一人でお出かけなんて、何十年ぶり???)に繁華街に夜、出かけるので、私はうれしくてたまらなかったのですが。

会場に着いて、乾杯をして・・・

♪メールの着信音♪

「楽しんでる?」by sharon

「ホントに職場の人達との飲み会でしょうね!」by 母

・・・・・・・・・・・・・・

気を取り直して、みんなと会話がはずんできたところで

♪メールの着信音♪

「いつ帰るの?」by 母

「二人ともご飯食べ終わったわよ」by 母

・・・・・・・・・・・・

携帯をマナーモードにし、気を取り直して、もう一度みんなの会話に加わったところで

ブルブルブル

「今、dragonがお風呂からでました」by 母

「sharonの塾は何時に終わるんだったけ?」by 母

「寄り道しないで帰ってらっしゃいよ!!!」by 母

・・・・・・・・・・・・・・・・

「二次会なんて行かないでしょうね!!!」by 母

「男の人は何人ぐらいいるの?」by 母

「sharonが帰ってきたわよ」by 母

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「もう、そろそろ終わり?」by 母

「いい加減にして帰ってらっしゃい!!!」by 母

「まだ、帰ってこないの(怒)」by 母

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、はい、わかりました。

もう、帰ります。

まだ、10時前だけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お酒が飲めなくても、たまには、憂さ晴らししたいんですけど・・・・・・・・

二次会に向かうみんなと別れて、一人で地下鉄の駅へ。

花金で、街はまだまだ、これからもりあがりそうな雰囲気。

帰りの地下鉄の駅を降りたところで、なんだか、ひどくバカらしくなってきて

カンコーヒーを一本買って、ベンチにこしかけて、少しぼんやりしていました。

まだ、携帯のメールの着信が続いているらしく、ハンドバックから、かすかな振動が伝わってきます。

こんな時は、吸えないタバコでも、吸ってみたくなる気がして。

♪泣いて、泣いて、泣いて、チンピラになりてぇ~♪

気がつくと、長渕剛の歌を口ずさんでいました。

| | コメント (6)

2007年2月 8日 (木)

生きる

昨夜は,ココログの調子が悪くて,更新できませんでした。

遊びにきてくださった方も,コメントできなかったみたいで,すみません。

    

「動詞の話」の詩をとりあげていたら,谷川俊太郎の「生きる」という詩を思い出しました。

生きる       谷川俊太郎

生きているということ

いま生きているということ

それはのどがかわくということ

木もれ陽がまぶしいということ

ふっと或るメロディを思い出すということ

くしゃみをすること

あなたと手をつなぐこと

生きているということ

いま生きているということ

それはミニスカート

それはプラネタリュウム

それはヨハン・シュトラウス

それはピカソ

それはアルプス

すべての美しいものに出会うということ

そして

かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ

いま生きているということ

泣けるということ

笑えるということ

怒れるということ

自由ということ

生きているということ

いま生きているということ

いま遠くで犬が吠えるということ

いま地球が廻っているということ

いまどこかで産声があがるということ

いまどこかで兵士が傷つくということ

いまぶらんこがゆれているということ

いまいまが過ぎてゆくこと

生きているということ

いま生きているということ

鳥ははばたくということ

海はとどろくということ

かたつむりははうということ

人は愛するということ

あなたの手のぬくみ

いのちということ

     

やっぱり,谷川俊太郎は,すごいですね~!!!

いいなぁ,いいなぁ,いいなぁ~!!!

私がこの詩を知ったのは,「君は海を見たか」倉本 聰 のシナリオから。

倉本先生については,もう,めちゃくちゃ書くことがありすぎるので,今日はヤメにして・・・

中学生の時,この詩をもとにして,青年の主張,みたいなのを書いた覚えがあるのですが・・・発表者は,放送部だった子が選ばれ,なんとかいう賞を貰ったはずですが,私の所には何もこなくて,なんか,損した気分だったことを覚えています。

首相演説の原稿書いてる人達も同じような気持ちなのでしょうか???

それ以来,「青年の主張」を聞くと,「この原稿,ホントにこの子が書いたのかな?」なんて,疑ってしまう私です。

| | コメント (10)

2007年2月 7日 (水)

動詞の話

sharonが学校で、国文法を習っています。

それで思い出したのが、この詩。

動詞の話      安永 稔和

長き航海ぞ汝らが宿命

大海原を耕すべしー。

かくてわれわれは

船を海に押し入れ

土を蹴って

白い帆をかかげた。

日光は音をたてて

帆に船端に刺さった。

海は日ごと

われわれの心に粘った。

われわれはいろいろと心を傾けて

海をすいこみ流し出して

海の心をはかった。

すべてを快活なものとし

すばらしい新世界をその末に望むために

船板のうえに並んで横になって

動詞の話をした。

歩く走る踊る働く歌う愛する欲する・・・・・・

死ぬ

という言葉を使わざるをえないときには

生きる

という言葉を二度三度四度口にした。

    

     

最後の、たたみかけるような動詞の連続が好きです。

生きるとは、動詞の連続であることを気づかせてくれます。

「う」で終わる用言で、自立語で活用のあるもの・・・なんて定義より、「生きること」と言ってしまった方がよさそうな気がしてきます。

谷川俊太郎さんの「生きる」を連想します。

ということで、今日は終わりにします。

なんだか、身体の調子がイマイチな私です。

今年の風邪はしつこいようなので、皆さん、お気を付けくださいね!!!

| | コメント (4)

2007年2月 6日 (火)

ゴミ問題

生ゴミの収集日になると、からすが群れをなしてゴミをあさります。

今までは、結構早い時間帯に収集車がきてくれたので、そんなに被害はひどくなかったのですが、回収のコースが変更されたらしく、この頃は、午後にやっと収集車が来てくれるみたいで。

そうなると、からすのやり放題!!!

ありとあらゆるごみ置き場が、めちゃめちゃにされてしまいます。

私の住む地域は、生ゴミなどは、戸別回収なので、家の前に出しておくのですが・・・

帰宅すると、からすに荒らされて、玄関がめちゃめちゃになっています。

からすは、ごみを目で見て選ぶので、生ゴミは、新聞紙で包むように、と市からアドバイスがあったものの、そんな子供だましが通用したのは、2,3回だけ。

ゴミ袋を道の真ん中までひきずり出し、車にわざと轢かせて、ゴミ袋をやぶり、ゴミをあさる、という知恵をつけてしまいました。

私は仕事があるので、日中はゴミの管理なんてしていられないし、困ったな~と思っていたある日。

いつものように帰宅すると、ゴミがちらばっています。

ほうきを持ってきて、かたづけようとして、ふと道の真ん中をみると・・・

dragonが内緒で捨てたらしいテスト用紙・・・

算数65点・・・まじめにやりなさい!!!

とデカデカとかかれた答案用紙が、道の真ん中に、ベローンと貼り付いているではありませんか!!!

ちょっと、ちょっと!!!

恥ずかしいでしょうが!!!

からすがごみを荒らしてから、一体、何人の人がこのお馬鹿な答案用紙を見て行ったことでしょう・・・

それも、ウチの前に、しっかり名前書いちゃってあるし・・・

からすとdragonのばか!!!

    

すぐ、その足でホームセンターに行って、からすよけネットを購入した私です・・・

| | コメント (6)

2007年2月 5日 (月)

お久しぶりです

お久しぶりです。みなさんに心配していただいたおかげか、風邪は治りました♪

ありがとうございます(感謝!!!)

風邪は治りましたが、ダラダラ病は治りません(泣)

この土日も、仕事が山のようにあるのに、手をつけずに、ダラダラしていました(恥)

もともと処理能力に問題があるのに、一週間、風邪でボーっと過ごしていたら、仕事がたまって、たまって、ヘドがでそうなくらいあります。

仕事量>>私の処理能力

って公式が成り立っているわけで。

結局、いまだに仕事が片づいていません(泣)

それでも、容赦なく月曜日は来るわけで。

ってか、もう月曜日なんですけどね・・・

ちょっと、気分転換に現状報告なんぞしてみたくなったわけで。

なんにも、書くことないんですが・・・

あ、今日、私の住んでいる県の知事選挙がありました。

めんどくさ~っと思いましたが、行ってきました。

白紙で出したって、投票した意味があるわけですから。

まぁ、誰でも良かったんですが、一応、公約内容を確認して、投票してきました。

そのまんま東みたいな人が立候補してくれたら、おもしろいのになぁ~なんて思いました。

ダラダラの一日でしたが、美容院に行ってきたし、投票もしてきた、ということで、まぁ、よしとしましょう。←自分に甘い私

半年も美容院に行っていなかったので、美容師さんに、「もっと頻繁に来ていただかないと、女からおばさんになっちゃいますよ!!!」と注意されました。ちょうどよくクセ毛なので、いつ美容院に行けばいいのか、自分では、よくわからないのだ←おばさんの発想???

そんなこんなで、無事風邪も治り、相変わらずダラダラ過ごしていますので、ご心配なく!!!心配してくださった皆さん、ありがとうございました!!!(感謝・感謝です)

| | コメント (10)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »